ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品_01

ジェネリック医薬品は、元々の薬よりも低価格で販売されているのに効果は変わらない、という便利な薬です。

何故安く販売されているかを知っている人は少ないのではないでしょうか。
むしろその情報だけ聞くと偽物のようなものではないか、本当に同じ薬なのかと怪しむ人もいると思います。


治療薬の作成には長い年月と膨大な費用がかかります。
新薬であれば研究に10年以上を費やし、何億何十億という費用をかけて作り上げます。
我々が普段使っているような薬も元はそのようにして作られ、販売されています。
そのため薬には物質特許や用途特許などの特許があり、開発研究費の回収が出来るようにしています。
その薬の売上によりまた新薬の開発を行えるという循環になっているので特許は製薬会社のために無くてはならないものです。

しかしその特許が切れた薬に関しては他の製薬会社も同様の薬を作っても良くなります。
有効成分がすでに解っている状態で薬の作成に当たるので、開発費や研究費というのはゼロから新薬をつくり上げるのに比べると非常に安価で済み、また時間もかかりません。
ですので販売する薬もほぼ製造費だけで済むような価格を付けることができ、元の薬よりもとても安価な提供が可能なのです。
この薬がジェネリックです。

全く新しい新薬が先発医薬品と呼ばれているのに対し、ジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれています。


ジェネリック医薬品_02

ジェネリックは海外では非常に盛んで、比率で言えば70%以上、中には90%以上の普及率を誇っている国もあるくらいに一般的な物です。
日本では最近の施策で普及を推進していますが、まだ50%程度の普及率だそうです。
医療費の削減を目的として普及をしているようですが、知名度的な問題で使用に抵抗のある人も多いのかもしれません。

ジェネリック医薬品は昔からある薬の効能を低価格で提供してもらえる便利な薬です。
また昔からの形だけでなく、最近の技術などを取り入れ吸収効率のよい製法や、飲みやすい形状の錠剤に変えていたりと、ジェネリックならではの工夫などもあります。
色々な製薬会社が似た効果の薬を販売するため、そこにはバリエーションが生まれ、同じ薬を買うにしても物を選んでいくことも可能となります。
物によっては味付きであったり錠剤のタイプが変化しているものもあります。
複数種の中から自分の飲みやすいものを選択できるというのも、ジェネリック医薬品ならではの魅力の一つと言えます。

ジェネリックのED薬を通販する


このページの先頭へ戻る

代表的なED治療薬 勃起の重要性 勃起不全(ED)の原因 ジェネリック医薬品 ED治療薬の購入方法